ワークショップ参加団体紹介

WS-09 防災WEST 大雨防災ワークショップ(経験したことのない大雨 その時どうする?)

メッセージ

気象予報士として大事なことは、防災知識の普及と防災意識の高揚と考えています。 大雨による災害がどのようなものか、防災気象情報を正しく理解して貰うことが重要です。参加者の皆さんが「大雨防災ワークショップ」を経験することで、大雨災害になりそうな時にどうするかを、普段から考えて貰うことを訴えたい。

オンライン展示

ワークショップ内容

参加者が架空の街に住み、そこに大雨が降ってくるという想定で、大雨洪水警報、土砂災害警戒情報などの防災気象情報が発表され、事態が悪化していくシナリオです。参加者はワークを通してどのタイミングで避難するのかどうか?また、なぜそうするのかを考え、他の参加者の前で発表し、気象の「専門家」であるファシリテーターが講評をしてワークショップが終了します。

ワークショップスケジュール

10月3日(土)
11:00〜12:30 13:30〜15:00 15:30〜17:00

団体プロフィール

主催団体名 防災WEST
住所 〒810-0035
福岡県福岡市中央区梅光園2-21-7-803
電話 090-3663-9604
メール ayaya@gamma.ocn.ne.jp
ホームページ https://www.facebook.com/bosaiwest/
団体紹介と
日頃活動されている
防災の取組紹介
防災WESTは、 防災意識の高揚と気象や地象などの知識の普及に努めている団体です。 ”WEST”は、以下の英単語の頭文字をとって名付けました。
”Weather Educational Specialist Team"
活動の中心は大雨や地震による津波災害から身を守るための防災ワークショップや講演会で、天気(理科)に興味を持ってもらうために小学生向けにお天気教室も行っています。