ワークショップ参加団体紹介

WS-02 日本赤十字社 赤十字防災セミナー「災害への備え」特別版 -感染症から身を守るために避難生活で気を付けること-

メッセージ

地震、津波、大雨・土砂災害からいのちを守り、その後の暮らしをつなぐためには、平時から「自助・共助」の重要性を理解したうえで、災害は起こるものという前提の下に一人ひとりが備える必要があること。

オンライン展示

ワークショップ内容

日本赤十字社では、人々の防災に関する知識、意識、技術を高め、また、地域コミュニティ形成の一助となることを目的に赤十字防災セミナーを全国で展開しています。
今般の新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、同セミナーに感染症対策の要素を盛り込んだカリキュラムを作成したことから、一般向けに初めて公開します。
また、災害時の「食」を通じた健康管理の重要性についても、議論を提起します。

ワークショップスケジュール

10月3日(土)
11:00〜12:30 13:30〜15:00 15:30〜17:00

ワークショップに参加される方へ

当日のワークショップ参加URLについては、10月1日(木)以降、事前申し込みの際にいただきましたメールアドレス宛に送付いたします。

団体プロフィール

主催団体名 日本赤十字社
部署 事業局 救護・福祉部 防災業務課
住所 〒105-8521
東京都港区芝大門1丁目1番3号
電話 03-3437-7726
FAX 03-3435-8509
メール bousai@jrc.or.jp
ホームページ http://www.jrc.or.jp/
団体紹介と
日頃活動されている
防災の取組紹介
・団体紹介
日本赤十字社は国際赤十字の一員として、「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守る」ことを使命に、国内外における災害救護を始めとした幅広い分野で活動しています。
・日頃活動している防災の取組
自治会・町内会等地域の団体(原則として一般成人)を対象に、地域コミュニティにおける「自助」と「共助」の力を高める一助となるよう「赤十字防災セミナー」を全国で順次展開しています。
また、青少年を対象に、「ぼうさいまちがいさがし きけんはっけん!」(幼稚園・保育所向け)や、青少年赤十字防災教育プログラム「まもるいのち ひろめるぼうさい」(小・中・高等学校向け)を活用して、防災教育の普及に取り組んでいます。