プレゼン出展団体紹介

防災に関わる各参加団体の取り組みを写真・動画で紹介します。
担当者から直接質問ができるオンライン面談を希望される方は事前予約をお願いします。

国立研究開発法人 防災科学技術研究所

プレゼンテーマ 防災科研の取り組み

メッセージ

防災科研はあらゆる種類の自然災害を対象に、予測・予防・対応・回復のすべての段階について総合的な研究開発を進めていることが特徴です。幅広い研究活動と、災害発生時の活動について展示を行いますので是非ご覧いただき、防災科学技術への興味と防災科研へ関心を持っていただければ幸いです。

オンライン展示

防災科研は、あらゆる種類の自然災害を対象に、予測・予防・対応・回復のすべての段階について総合的な研究開発を進め、「生きる、を支える科学技術」をアイデンティティとして掲げ人々の命と暮らしを支えていきます。防災科研がこれまで取り組んできた研究や観測網の整備などの研究所全体の取り組みに加え、平成30年7月豪雨の際の災害対応など、防災科研の活動についても紹介します。

  • キーワード
  • 科学・技術
  • 災害情報

団体プロフィール

主催団体名 国立研究開発法人 防災科学技術研究所
部署 企画部広報・ブランディング推進課
住所 〒305-0006
茨城県つくば市天王台3-1
電話 029-863-7787
FAX -
メール toiawase@bosai.go.jp
ホームページ https://www.bosai.go.jp/
団体紹介と
日頃活動されている
防災の取組紹介
防災科学技術研究所(防災科研)は、1959年の伊勢湾台風をきっかけに、政府によって、1963年に設立されました。2001年の行政改革に伴い、防災科研は、独立行政法人通則法の下、「防災科学技術に関する基礎研究及び基盤的研究開発等の業務を実施することにより防災科学技術の水準の向上を図ること」を目指してまいりました。2015年には国立研究開発法人となり、「研究開発成果を最大化する」ため、第4期中長期計画(今期)では、防災科研が「防災科学技術のイノベーションの中核的機関」として、大学や他の国立研究開発法人、民間研究機関の研究開発成果を含めた我が国全体としての研究開発成果を最大化することに取り組んでいます。