プレゼン出展団体紹介

防災に関わる各参加団体の取り組みを写真・動画で紹介します。
担当者から直接質問ができるオンライン面談を希望される方は事前予約をお願いします。

国立研究開発法人情報通信研究機構

プレゼンテーマ 災害に強い情報通信技術の構築に向けて

メッセージ

情報通信研究機構が取り組む耐災害ICT研究の(無線ネットワーク研究とSNS情報分析研究)の紹介と、最近の利活用状況を紹介する。

オンライン展示

災害に強いICTプラットフォームを実現するため、広範囲に分散配置されたネットワーク設備が自律的に協調動作するメッシュネットワーク技術の研究や、災害時に発生する膨大はSNS情報の中から災害関連情報をリアルタイムに収集し、分析する技術によって、より適切な情報を提供して、災害対応を支援するリアルタイム社会知解析システムの研究開発を紹介する。

  • キーワード
  • 災害情報
  • 通信

団体プロフィール

主催団体名 国立研究開発法人情報通信研究機構
部署 企画連携推進室
住所 〒980-0812
宮城県仙台市青葉区片平2-1-3
電話 022-713-7607
FAX 022-713-7587
メール yoshimasa-hisamichi@nict.go.jp
ホームページ http://www.nict.go.jp/resil/index.html
団体紹介と
日頃活動されている
防災の取組紹介
東日本大震災時、情報通信システムは大きな被害を受け、充分には機能しなかった反面、社会インフラとしての重要性が強く認識されました。
このような背景から、情報通信研究機構では東北大学の協力を得ながら世界トップレベルの研究拠点「耐災害ICT研究センター」を同大学内に設置し、産学官の共同研究を推進することによって、災害に強い情報通信の実現と被災地域の地域経済活動の再生を目指します。